2008年05月17日

コンドロイチン

関節痛や神経痛にはコンドロイチンを

コンドロイチンを
体内に取り入れる方法としてサプリメントのコンドロイチンがあります。

コンドロイチンの
サプリメントは薬局やインターネット通販などで
手に入り、価格は一瓶8000円ほどです。

コンドロイチンは
さまざまな痛み――関節痛、神経痛、五十肩、腰痛など――
に効果があるとされています。

関節痛には、
コンドロイチンが骨と骨の間のクッションとなり、
関節の動きをスムーズにしてくれますので、つらい関節の痛みが
和らぐようです。

神経痛は、
関節を覆っている膜のような部分が傷つき、それによって
神経が刺激されることで生じていますが、この膜状組織が傷ついた
場合にコンドロイチンが働くことで修復を促進することができるとされます。

肩の関節の周辺部分が
炎症を起こすことで、五十肩が起こります。
コンドロイチンは肩関節がもっている外力への抵抗力を保ち、
変性を防ぐことで、肩関節周辺の炎症を抑えてくれます。

コンドロイチンは
椎間板にも水分を補給してくれるため、椎間板の
クッション的な作用を回復させたり、椎間板の骨化を防止したりする
ことができ、腰痛の原因の一つとなっている椎間板の変性と骨化を
防いでくれます。

このように、
五十肩や関節痛といったつらい痛みに有効であると考え
られているコンドロイチンは、継続摂取することが大切です。

加齢によって、
コンドロイチンの体内量は不足しがちになって
いきます。その上、コンドロイチン自体は体内での生成は難しい
成分です。このため、このようなサプリメントなどで、
コンドロイチンをコンスタントに補うことが大切です。
【関連する記事】
posted by サプリメントアドバイザー at 21:37 | TrackBack(0) | コンドロイチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。