2018年10月10日

コンドロイチン

コンドロイチンのサプリメントが注目されている理由

コンドロイチン
サプリメントはさまざまな種類が販売されていて、コンドロイチン
に対する関心や注目の度合いは高まってきています。コンドロイチン
サプリメントに関心が集中するのはどういう理由からでしょうか。

日本は、
少子化と高齢化が進んでおり、高齢者の数は増加する方向に向かって
います。しかし、これからの日本で大切なのは介護される人を減らす
こと、増やさないこと、高齢者が元気でいることなのです。
これからの日本の目標として考えられるのは、病気や怪我の期間を
できる限り短くしてゆくことです。


高齢者は、

骨折や関節症などといったことが原因で寝たきり状態となってしまう
ことがあります。骨折してしまうと歩くことが困難になり、骨折が
きっかけで要介護状態になってしまうのです。骨を折ってしまい、
歩いて外出することが難しくなることで、患者が認知症の症状を来す
ような場合もあります。

コンドロイチンを
サプリメントにより摂取すれば、骨と関節を守ることができ、高齢者
がいつまでも元気に自分自身の足で動けることにつながります。
高齢者を元気にするコンドロイチンサプリメントは少子高齢化の
日本において注目されているのかもしれません。

高齢者が
食品を通してコンドロイチンを摂ろうとした場合肥満につながって
しまいかねないことから、サプリメントを通してコンドロイチン
補給するのがおすすめです。関節痛や骨折を予防するため、
サプリメントを利用してコンドロイチンを摂取し、介護が必要ない
老後を送りたいものですね。
posted by サプリメントアドバイザー at 06:42 | TrackBack(1) | コンドロイチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

コンドロイチン

コンドロイチンが不足すると

体内でコンドロイチンが不足してくると、
いろいろな症状を引き起こします。食事で摂った栄養素は、
腸から血管に入り、コンドロイチン
コラーゲンの層を通過しながら各細胞に届けられる、
という仕組みになっています。
栄養素を各細胞に送り込むためには、
コンドロイチンとコラーゲンの層が
固くなっていないことが大切で、
それができていないと体細胞は老化することになります。

コンドロイチンとコラーゲンの
層を通過するのは細胞にある老廃物も同じで、
その後排出されます。
そのため体全体の新陳代謝は、この
コンドロイチン
の不足により悪くなることもあるのです。

コンドロイチンが足りていないと、
軟骨はその弾力性、保水性を失い、それで関節痛を起
こすことにもなるのです。

コンドロイチンは成長期は体内でも
生成されているのですが、25歳をピークにコンドロイチン
の体内生成量は
だんだんと下降していきます。コンドロイチンの体内生成量が低下してくると老化が始まり
体のあちこちにトラブルがおこってくるのです。

コンドロイチンの不足は耳を触ってみると
わかります。
軟骨でできている外耳は本来とても柔らかいものなので、
この外耳が硬くなっていたとしたら、コンドロイチンが不足している証拠なのです。

コンドロイチンの不足は関節をはじめ、肌や頭皮
など体全体の老化を引き起こす原因になります。

常日頃からコンドロイチンの不足を意識するようにし、
チェックしながら早めに対策をとって体を守るようにすることが
大切です。
posted by サプリメントアドバイザー at 13:18 | TrackBack(0) | コンドロイチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

コンドロイチン

関節痛や神経痛にはコンドロイチンを

コンドロイチンを
体内に取り入れる方法としてサプリメントのコンドロイチンがあります。

コンドロイチンの
サプリメントは薬局やインターネット通販などで
手に入り、価格は一瓶8000円ほどです。

コンドロイチンは
さまざまな痛み――関節痛、神経痛、五十肩、腰痛など――
に効果があるとされています。

関節痛には、
コンドロイチンが骨と骨の間のクッションとなり、
関節の動きをスムーズにしてくれますので、つらい関節の痛みが
和らぐようです。

神経痛は、
関節を覆っている膜のような部分が傷つき、それによって
神経が刺激されることで生じていますが、この膜状組織が傷ついた
場合にコンドロイチンが働くことで修復を促進することができるとされます。

肩の関節の周辺部分が
炎症を起こすことで、五十肩が起こります。
コンドロイチンは肩関節がもっている外力への抵抗力を保ち、
変性を防ぐことで、肩関節周辺の炎症を抑えてくれます。

コンドロイチンは
椎間板にも水分を補給してくれるため、椎間板の
クッション的な作用を回復させたり、椎間板の骨化を防止したりする
ことができ、腰痛の原因の一つとなっている椎間板の変性と骨化を
防いでくれます。

このように、
五十肩や関節痛といったつらい痛みに有効であると考え
られているコンドロイチンは、継続摂取することが大切です。

加齢によって、
コンドロイチンの体内量は不足しがちになって
いきます。その上、コンドロイチン自体は体内での生成は難しい
成分です。このため、このようなサプリメントなどで、
コンドロイチンをコンスタントに補うことが大切です。
posted by サプリメントアドバイザー at 21:37 | TrackBack(0) | コンドロイチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。